ユニマットレディスは、日本においてCFJ合同会社が展開していた、女性専用のキャッシングブランドです。

 

 

■ユニマットレディスの概要

「女性による女性のためのパーソナルローン」というポジションで女性専用のキャッシングを展開しており、電話やインターネットによる24時間対応の顧客サポートも、全て女性スタッフが担当していました。

 

1972年、ユニマットライフとして創業されました。当初から女性のみを対象とした消費者金融であり、収益が高かったためユニマットグループの中核企業でありました。

 

2001年にはシティグループへ900億円で売却されました。

それ以後はユニマットグループとの資本・営業関係はなくなりましたが、「ユニマットレディス」の知名度が高かったこともあり、シティグループ傘下になってからも、両社の合意の下ユニマットブランドを使用し続けました。

 

■事業縮小・事業撤退

ディックと同様、消費者金融事業の環境変化やシティグループの経営悪化を受け、2008年6月には、消費者金融事業を大幅に縮小し全店舗を閉鎖、インターネットと電話による貸付の経営のみ継続されました。

 

2008年11月をもって全ての新規受付を停止し、事実上の事業撤退となりました。

新規の融資希望者については、同年9月に業務提携した三洋信販への誘導が行われました。

そして、2009年3月にディックに統合され、ユニマットレディスのブランドは消滅しました。

 

香川・高松の過払いのご相談は、当弁護士にお任せください。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

ディックについて

CFJの歴史

コンタクト