■憧れの成人式

私が住んでいた地方は、成人式が華やかな事で有名です。

私も高校時代はゴージャスな成人式の衣装にあこがれていたのですが、高校を卒業してすぐに妊娠・結婚・出産・子育てと矢継ぎ早に忙しくなり、豪華な成人式の衣装を着ている同級生を横目に、成人式に出席することができませんでした。

 

しかも、夫とは金銭的な事で23歳の時に離婚してからは、子供2人を抱えて必死に仕事をしてきました。

離婚した当初は本当にお金がない上に、子どもが幼すぎて満足に働けなかったため、生活費のためにCFJから借金をしていました。

子どもが2人とも小学生になってからは、仕事を増やして親子3人何とか食べていけるくらいにはなりましたが、CFJの借金の返済はかなり苦しかったです。

 

そんな生活も何とか乗り越え、娘の成人式を翌年に控えた時に、私は成人式に参加できなかったので、娘には成人式に出てほしいと思っていました。

 

■CFJの過払い金で豪華な衣装をレンタル

貯金を崩してやりくりすれば、衣装のレンタル代は何とかなるのですが、「やっぱり成人式の衣装代は高いな。」というのが本音でした。

しかも娘なのでメイク代とヘアセット代も要りますし、写真代も含めたら20万円以上かかるのは必至でした。

 

金策をあれこれ考えていて思いついたのが、CFJの過払い請求でした。

CFJの借金は3年前に返済が終わっていたので、以前から過払い請求をしてみてもいいかなと思っていたため、ちょうどいい機会だと弁護士に過払い請求をお願いしました。

 

借りていた金額は一番多い時で70万円ちょっとくらいだったので、そんなに過払い金がないかもしれないけれども、メイクとヘアセット代くらい出ればもうけものだとその時は思っていました。

弁護士に頼んでから1か月後、CFJの過払い金が110万円も返ってくると判明してびっくりしました。

何度も弁護士に「間違いじゃないですよね?」と念を押したのですが、「きちんと確認してますので、間違いないですよ。」と言われ、予想外の事に足の力が抜けそうになりました。

 

弁護士には娘の成人式の衣装代の足しにしたいので、予約を考えて5か月後の9月には返金して欲しいと伝えたところ、争点がなければそれまでには返金されると言ってもらえ、ホッとしました。

その後は順調に過払い請求が進んでゆき、依頼してから3か月後にCFJの過払い金が戻ってきました。

娘の成人式の費用だけでなく、2年後の息子の成人式の費用も心配がなくなり、過払い請求をして本当の良かったです。