■高額な資格費用

高校を卒業してすぐに就職した会社は、地元ではそこそこ名の知れた建設会社です。

建築関係は結構たくさん資格や免許が必要となり、資格や免許があればあるほど、手当がつくので給料が良くなっていきます。

 

資格や免許をたくさん持っている入社30年目のベテラン社員は、資格手当だけでも10万円以上もらっているらしく、資格取得が普通の昇給よりも給料アップのポイントとなっていました。

 

私の場合は高校を卒業してすぐに入社したため、自動車免許がなかったので、まずは普通免許を取得するために貯金を始めました。

普通免許を取った後は、いろいろな資格を取得するように会社から勧められました。

 

しかし、資格試験の参考書代や受験費用は自己負担で、合格した場合のみ受験費用を支給してもらえるため、不合格であった時には受験費用は自己負担になってしまいます。

テキストや参考書は会社の先輩が譲ってくれたり、ブックオフなどで購入したりしていたのですが、受験費用は高額なものだと5万円もかかるものもあり、資格を取るために無理をしてCFJから借金をし始めてしまいました。

 

■過払い金でやっとのことで清算

勤続15年が過ぎて資格はかなり取ったものの、資格を取るためにCFJから借金をしていたので、いわゆる「資格貧乏」になっていました。

それでも、CFJの借金は確実に減っていっていたので、後1年程で完済できるところまで来ていました。

 

しかし、最近になって会社から、ある特殊な資格を取るようにと言われました。

その資格は受験費用やテキスト代などを考えると30万円もかかるもので、すぐには返事ができませんでした。

「資格を取れば手当かかなり増えるから、本当はとりたいんだけど…」と悩んでいました。

 

そんな時に、たまたまネットで見かけた「CFJの借金でお悩みならば」という広告で、過払い請求というものがあると知りました。

CFJの過払い請求の事をいろいろと調べてみたところ、借金がなくなるうえに過払い金が戻ってくるということが魅力的でした。

 

すぐにネットで見つけた弁護士事務所に電話をしたところ依頼を引き受けてもらえ、3週間後には過払い金があることが分かったので、そのまま過払い請求してもらう事にしました。

半年後、戻ってきたCFJの過払い金が90万円もあったため、無事に資格試験を受けることができました。

その試験にも無事合格することができましたし、残った60万円は別の資格を取るための資金にすることができたので、すごく助かりました。