Q. 弁護士にCFJの過払い請求について相談をする前に自分で取引履歴を取り寄せておくべきですか?

 

A. 弁護士と面談する際に、請求する会社の取引履歴をすでに入手していれば、一連の手続きを終えて過払いを回収するまでの所要日数が短縮されます。

 

過払い請求が可能かどうかを知るには、まず取引をしていた貸金業者から初回から直近まですべての取引履歴を入手して、法定利息をあてはめて計算し直す引き直し計算を行います。

通常は、依頼人と面談をして正式に受任契約を結んだ後で、弁護士が貸金業者に取引履歴の開示請求をします。

そのため、取引履歴が届くまで、過払いがあるか、あるとすればいくらかということはわかりません。

依頼人が取引履歴を持ちこめば、取引履歴が届くのを待つタイムロスが不要になるので、その後の手続きがよりスムーズに運びます。

弁護士に過払い請求を依頼して一連の手続きが完了する時間を短縮する上で、取り寄せる価値はある

本人が消費者金融に電話をして取引履歴の開示請求をしても、信用情報に影響を与えることもありません。

 

もちろん、消費者金融に電話をして取引履歴を取り寄せることを重荷に感じる人は、取引履歴を弁護士との面談の際に持参しなくても、過払いの請求の手続きを受任します。

面談の際には、貸金業者が発行したローンカードやATMのレシートなど、取引に関連する記録を集めてお持ちください。

 

過払いのことなら、香川・高松の弁護士までご依頼ください。相談、着手金は無料です。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

法務が弱いので早期に解決できる

個人で請求する場合

 

コンタクト