お金を借りるときに,不動産を担保に入れるという,ことを聞いたことがある人は,多いと思います。その典型が住宅ローンです。

 しかし,住宅ローンに限らず,お金を借りるときに不動産を担保に入れることがあります。CFJ合同会社は,不動産を担保に,お金を貸している場合があります。

 

 不動産を担保にする場合によくつかわれるのが,抵当権と根抵当権です。抵当権を設定した場合,貸したお金を返してもらえないとき,抵当権を設定した不動産から優先的に,お金を返してもらうことができます。不動産の価値は高いことが多い(特に土地)ので,お金を返してもらえなくなっても,最終的には,不動産を売却した代金から,お金を回収する可能性が高くなります。

 また,抵当権は,不動産登記にも記載され,「自分が抵当権を持っている」ということが証明されるので,非常に強力な担保になります。

 ちなみに,簡単に説明すると一つの貸付に対して不動産を担保にするのが抵当権,継続的に借入と返済がある場合に事前に決めた範囲の額に対して不動産を担保とするのが根抵当権です。

 

 しかし,お金を全て返しても,当然に,登記に記載された抵当権は消えてなくなりません。面倒ですが,抵当権の登記を消す手続きを行う必要があります。

 借金を返した以上,担保としてとられることが無いのだから,放っておいても大丈夫なのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし,抵当権が残っていると,再度お金を借りる際に,不動産を担保にすることが難しくなってしまいます。不動産を売ろうと思っても,買う人がいないか,すごく安い値段しかつかなくなってしまいます。

 また,時間が経ってしまい,書類等を紛失してしまうと,手続きが増え,相続が発生してしまうと,さらに手続きが増えてしまいます。

 そのため,借金を返し終わったら,登記から抵当権を抹消するべきなのです。

 

 では,抵当権を消す(抹消する)ためには,どのような手続きが必要なのでしょうか。今回はCFJ合同会社を例に挙げて,説明します。

  ① CFJに借りたお金は全額返します

 借りたお金の担保なので,お金を全額返し終わっていない場合,抵当権を抹消することができません。少しでも残っていたらダメです。

  ② CFJから抵当権設定契約を解除(解約)し証明書をもらいます

 抵当権は,お金を借りる際に,抵当権設定契約という契約を行って,設定しています。特に根抵当権の場合は,1個の取引が終わっても,別の取引の借金の担保になってしまうので,抵当権設定契約を解除(解約)する必要があります。抵当権設定契約を解除した場合には,解除したことの証明書を貰うことになります。

 金融機関によっては,「お金を全部返しました」という証書(弁済証書)の場合もあります。

  ③ CFJから抵当権設定契約書を貰います

 抵当権の登記を抹消するためには,どの抵当権なのかを特定する必要があります。例えば,1個の土地に,複数の抵当権の登記がある場合,不動産の情報からだけでは,どの登記を抹消するのか分からないからです。

 特定のための資料として,必要なのが抵当権設定契約書です。抵当権設定契約書には,抵当権の設定をしている場合「登記済」という赤い印判が押されており,受付番号がわかります。これによって,どの抵当権の登記を抹消したいのか,ということがわかります。なお,この様な抵当権設定契約書を「登記済証」といいます。

  ④ CFJから委任状をもらいます

 登記に関する手続きは,原則当事者の共同で行う必要があります。抵当権の登記の抹消について言えば,不動産の所有者(お金を借りていた人)とお金を貸していた人が一緒に行う必要があります。

 しかし,CFJ合同会社は,会社であり,会社の法的行為は,会社の代表者が行わなければなりません。当然いちいち,会社の代表者が出てくるわけにはいきませんから,抵当権の登記の抹消手続きについて委任状を貰う必要があります。委任状を貰えば,CFJ合同会社の代理人として手続きを行うことができます。

  ⑤ CFJ合同会社の商業登記簿謄本(履歴事項証明書)をとります。

 CFJ合同会社は,会社ですから,会社が存在することを明らかにする必要があります。また,CFJ合同会社の委任状を作成する権限があるのは,会社の代表者ですから,委任状をつくった人が会社の代表者であることを明らかにする必要があります。

 そのための資料が商業登記簿謄本(履歴事項証明書)。なお,この資料は,CFJ合同会社からもらえると思いますが,もらえない場合には,法務局に行って,自分で取る必要があります。

 ⑥ 法務局に行って手続きをします

 抵当権が設定されている,不動産の登記のある法務局に,上記の資料を持って行き,請求書を書いて,抵当権を抹消する手続きを行います。なお,抵当権を抹消する手続きは,「抵当権設定登記抹消登記手続き」と言います。また,手続きに少額ですが費用がかかります。

この手続は司法書士に依頼すると,10万円から20万円かかります。

しかし,吉田泰郎法律事務所の「CFJの抵当権登記の無料抹消サービス」をつかうと,0円で手続できます。

過払い請求の手続と一緒に申込をする必要があります。

過払いでお金を返してもらって,さらに,抵当権登記も無料で抹消してもらえる,という2倍おいしいサービスを提供できるのです。