■借金だらけ離婚

借金癖のある夫のDVに耐え忍んでいましたが、娘が高校を卒業したのを機に離婚をしました。

離婚した時にわかったのですが、自分名義では借金できなくなって、こっそり私名義でレイクとCFJから借金をしており総額80万円も借りていていました。

しかも借り始めが娘が生まれてすぐぐらいで、名義が私であるため返済は私がしなければいけないらしく、腹立たしいやら悔しいやらでしたが、離婚できるならばとあきらめました。

 

離婚して引っ越しした当初は生活もかなりきつかったですが、就職した娘が生活費を入れてくれましたし、何より散財する夫がいないので、節約生活もストレスがなく、つつましいながらも平穏に暮らせていました。

 

しかし、娘が27歳になった時に、彼氏と結婚の話が出てきました。

彼氏は家に何度も遊びに来ており人柄もよかったので、私としては大賛成でした。

 

■結婚式をあげさせたい

両家の顔合わせの食事会があり、その時に結婚式の話が出たのですが、彼氏娘共に「結婚式はなくていい」と言い出し、向こうの両親とともにあわてました。

何とかなだめすかして、家族だけの小規模な式をすることで話はまとまったのですが、家に帰ってから娘が「お金もあまりないし、無駄なお金は使いたくなかった。」とぼそりと言い、胸が痛くなりました。

 

「レイクとCFJの借金がなければ…。」とここにきて元夫に対して怒りがふつふつとわいてきたもののどうしようもなく、少しでも娘の助けになればと格安の結婚式について調べていました。

 

あちらこちら調べているうちに、誤ってクリックしたのが過払い金の弁護士のサイトでした。

いつもならば関係のないサイトに行った場合、すぐに「戻る」のボタンを押していたのですが、『CFJの借金がなくなり、過払い金が戻ってくるかも?』という言葉が目に留まり、手が止まりました。

なんとなく読み進めてみると、自分のCFJの借金も過払い請求をすれば借金が帳消しになるだけでなく、過払い金が戻ってくるかもということが分かり、さっそくそのサイトの弁護士に電話をしてみました。

弁護士と話した結果、CFJの借金は過払い請求できる可能性が高く、レイクも同じように過払い請求ができると聞き、喜んで過払い請求をしてもらうことにしました。

 

過払い請求は時間がかかるかなと思ったのですが、3か月ほどで終わり合計180万円も戻ってきてびっくりしました。

娘に過払い金が戻ってきたので、そのお金で結婚式をと言ったところ、初めは固辞していましたが、「花嫁道具も持たせてあげられないので、お祝いだと思って受け取って。」というと、半分だけ受け取ってくれました。

 

先日、娘の結婚式がありましたが、小さいながらも良い式だったので、結婚式が挙げられて本当によかったです。