■夜逃げ同然に離婚

元夫との離婚は、夜逃げにほぼ等しかったです。

元夫は結婚前から多額の借金があり、借金が発覚した時には子供も生まれていたため、何とかやり直そうと思いました。

 

しかし、子どもが小学生の時に、元夫が自分名義では借金が出来なくなったため、私の名前を使ってアコムとCFJから借金をしているのが分かり、離婚を申し出たものの了承してくれず、しかも暴力まで振るわれました。

 

しかたなく、自分の両親と元夫の両親に相談して、夫が外出している隙に子供を連れて家を出て行き、代わりに元夫の両親がアパートで待ち受けていて、帰ってきた元夫を説得してやっと離婚できました。

 

そんな状態でしたから、元夫は養育費どころか私名義の借金を支払う気もなく、0からスタートどころか借金を背負ってのシングルマザー生活のスタートでした。

 

■過払い請求でやっと一息

事情があって実家に帰れなかったため、小さなアパートを借りて親子2人で生活をしていたのですが、なかなか正社員の仕事に恵まれない上に、アコムとCFJの借金の返済があり、生活は困窮を極めました。

 

パートを3件掛け持ちしていたのですが、2年後にパートから正社員で採用されたので、正社員の仕事と深夜の清掃のパートを掛け持ちして、何とか子供が高校卒業してくれた時には、心からホッとしました。

 

でも、アコムとCFJの借金は金利を支払うのが精いっぱいの月もあり、後10万ずつ借金が残っていました。

子どもも働きに出てくれたので、あと1年程で返済が終わるかなとも思ったのですが、子どものことも一区切りついたので、過払い請求をしてすっきりしたいと思い、弁護士に頼んで過払い請求してもらうことにしました。

 

過払い金で借金がなくなれば、アコムやCFJに毎月返済している月1万5千円が浮いてきますし、もし過払い金が戻ってくればそれはそれで御の字だと思っていました。

3週間ほどして弁護士から過払い金の計算が出来たと連絡が来たのですが、アコムとCFJの両方合わせて190万円も返ってくるというではありませんか!

思わず、「計算間違いじゃないですか?」と何度も聞いたのですが、何でも離婚した時点ですでに少しだけですが過払い金が借金よりも多く、私が返済していた分は丸々過払い金となっており、返金してもらえるということでした。

 

4か月後、私の口座に過払い金の190万円が振り込まれたのですが、戻ってくるまでは「やっぱり計算間違いでした。」と言われるのではないかとドキドキしていました。

借金の返済で苦しみましたが、貯金をしていたのだと思い直すことができましたし、何より生活も大分と楽になったので、子どもと二人で贅沢は出来ませんが人並みの生活を送れています。