■終わりのない借金生活

自分が消費者金融に初めて借りたのは30代の頃で、還暦を迎えてもなお借金の返済は続いていました。

 

特に頭を悩ませていたのがCFJの借金でした。

アコムやレイクはどうしても返済のめどがつかなかった時には借りて、その分を返済分にあてるということができたのですが、CFJは経営が苦しくなったのか、途中から新たに借り入れが出来なくて返済のみになってしまったからです。

 

そのため、『アコムやレイクは大目に返済しても、足りなくなった時に借り入れできるから、CFJは必要最低限の返済にしよう。』と後回しにしてしまい、結局CFJの借金が最後に残ってしまいました。

 

『定年退職までには返し終わることができるけど、老後の資金が心もとないな。退職金もそんなに期待できないし。』と、漠然とした不安を抱えて、毎日を過ごしていました。

 

■過払い請求で不安解消

ある時、会社の同僚と話をしている時に過払い請求の話になりました。

私は過払い請求のことは全く知識が無かったため、「うっかり消費者金融に多く返済した分を、返してもらう手続きかな?」くらいに思っていました。

 

それを言うと過払い請求をした事がある同僚が笑いながら、「違う違う。そうじゃなくて、昔は違法に近い金利で貸してたから、取り過ぎていた金利分を返してもらうんだよ。ほとんどの消費者金融が取り過ぎてたから、15年以上借りてたら過払い金があるのはほぼ確実だよ。」と言われびっくりしました。

「自分も結構前から借金してるし、過払い金があるかもな。」と言ったところ、同僚が過払い請求を頼んだ弁護士を教えてくれました。

 

後日、教えてもらった弁護士に電話したところ、過払い請求について詳しく説明してくれました。

今返済中のCFJはもちろん、過去に借りていたレイクやアコムも過払い請求が出来ると言われ、もちろん同時に過払い請求をしてもらうように依頼しました。

 

『払いすぎてた金利分だから、年4万円で25年ほどだから100万円くらい?CFJの借金と相殺する分もあるから、弁護士費用を払うと50万円くらいかな』と思っていたところ、過払い金が290万円もあると聞いてびっくりしました!

しかも、CFJの残債や弁護士費用を差し引いても230万も戻ってくると聞いて2度びっくりしました。

 

先日過払い請求が終わり、借金がなくなっただけでなく、過払い金まで戻ってきたので生活もかなり楽になり、貯金もかなりできるようになりました。