■突然の借入停止

CFJはディックという名前の頃からの借入だったので、かれこれ20年以上借入していました。

 

5年ほど前に完済したのですが、完済せざるを得ない状況になったという方が正直なところです。

消費者金融のいいところは、借りたり返したりが貸付枠内なら自由という所なのに、CFJは2008年に貸付業務を中止して返済のみ受け付けるという方針に変更したのです。

 

CFJを財布代わりにして借りたり返したりしていた私は大いに困りましたが、何とか毎月の返済を軌道に乗せて完済しました。

そんなCFJですから正直良い思い出が無かったため、完済した時は「やっと縁が切れた。」くらいにしか思っていませんでした。

 

■いざCFJの過払い請求をしようとしたものの

しかし、CFJに対して過払い請求が出来そうだと分かり、CFJのサイトを探してみた時には唖然としました。

まがりなりにもCMをしていた会社なのに、あまりにも簡素すぎるサイトで「本当に公式のサイトなのか?」と不安になったくらいでした。

 

過払い請求をしている人やしていた人が集う掲示板を覗いてみたところ、不安になるような内容ばかりでした。

掲示板だけならば不特定多数の人が面白おかしく書いてるだけだと思うこともできましたが、CFJの事を解説している法律事務所の内容を見ても『CFJは返金する過払い金を値切ってきて、しかも難癖をつけてくるのですぐに返してこないどころか、裁判でも裁判官が失笑するような主張をして引き伸ばしてくる。』ということが分かり、自分でするなんて不安どころか恐怖しかありませんでした。

 

自分個人でやって苦労するくらいならば、弁護士に任せた方が絶対にいいということが分かり、CFJの過払い請求をしている弁護士を探し始めました。

アコムやプロミスとかならば過払い請求をしている弁護士事務所はごまんとあったのですが、CFJになると途端にどこも断られました。

 

やっとのことで見つけたのが、今回お世話になった弁護士だったのですが、CFJと聞いても丁寧な口調を変えることもなく、こともなげに引き受けてくれて逆に不安になりましたが、「CFJの過払い請求は多数していますので、大丈夫ですよ。」と言ってもらえて安心しました。

 

言葉通り、大きなもめ事もなく3週間ほどで過払い金の計算が終わった後は、4か月ほどで過払い金が戻ってきたので拍子抜けしました。

しかも、弁護士費用を引いてもたぶん自分で過払い請求するよりも多く戻ってきたので、弁護士に任せて正解だったと本当に思います。