■過払い請求は後回しにした方がお得?

法律が変わって過払い請求が出来るようになった時に、ネットでいろいろと過払い請求の事を調べました。

自分が借入していたのはCFJでしたので、アコムやレイクといった大手のところからすると極端に情報が少なかったのですが、過払い金があれば手続きをすれば過払い金が返ってくることが分かりました。

 

しかも、過払い金が戻ってくる状態ならば、年5%の金利が付くため時効ギリギリまで引っ張れば、銀行に預けるなんて目じゃないほどの金利が付くというじゃないですか。

ちょうどCFJの借金を返し終わるところだったので、過払い金があるのはほぼ確実でしたし、経済的にも困っていなかったため出来るだけ後回しにして過払い請求をすることにしました。

 

それから過払い請求のCMをかなり目にしましたが、「CFJの借金は返し終わったところだから、数年放っておいてもいいや。返し終わっているのに、すぐに過払い請求したら損なのに、知らない人も多いんだろうな。」とある意味優越感を持っていました。

 

■友人の話を聞き不安に…すぐ過払い請求

それから数年たったころに、いつも飲みに行く同僚と酒を飲んでいたところ、過払い請求の話が出ました。

同僚は数か月前に過払い請求をして、過払い金が戻ってきたから懐が温かいと嬉しそうにしていました。

 

普段なら「よかったな。」で済ませていたのですが、お酒のせいか「過払い請求は時効ギリギリまで引き延ばした方がいいのに。」と、得意げに説明をしました。

そうすると、同僚の顔がみるみる険しくなってきて、「それっていつの情報だよ?今は過払い請求が流行ってるから、大手はまだしも中小の消費者金融は過払い金を返せなくて、半分しか返さないとか倒産してるところもあるんだぜ。もちろん倒産したら過払い金は戻ってこないし結局損だよ。大手ならまあ引き伸ばしもありかもしれないけど、武富士が倒産したように大手でも安心できないしな。」と言われてしまいました。

 

そういわれて真っ青になったのが自分の方でした。

CFJなんて、レイクやアコムに比べたらマイナー企業ですし、最近新規の貸し出しは中止したと郵便が来ていたため、もしかしたら経営がやばいのではと焦りました。

 

翌日CFJの過払い請求をしている弁護士をやっと見つけて依頼をしたのですが、CFJは難癖をつけて過払い金の返金を渋り、裁判でも長期化するため、過払い請求が年々難しくなっている企業だと言われてガッカリしました。

 

改めてネットで見てみるとCFJと過払い請求の裁判をして2年たっても戻ってこないとかいう話がゴロゴロしていたためかなり不安でしたが、半年ほどで裁判なしで満額よりもちょっと少ない額で和解できました。