■レディースローンなら借りやすい?

当時、社会人になって2年目の私は、銀行に50万円の借金がありました。

 

就職と同時に一人暮らしを始めたのですが、初めての事で勝手がわからず出費がかなり続きました。

給料だけでは足りなくなった時にすごくあわてたのですが、給料振込の銀行口座にカードローンの枠が50万円あり、そこから家賃の引き落としが出来てホッとしました。

これに味を占めてしまった私は、銀行のカードローンから同僚との飲み代や旅行費用を借りていき、50万円の枠をあっという間に使い切ってしまいました。

 

そんな時に目にしたのがユニマットのレディースローンでした。

ユニマットはオフィスコーヒーの会社ですが、以前はユニマットレディスというローン会社が関連会社にあったのです。

勤めていた会社にもユニマットのオフィスコーヒーあり、その横にチラシがあったのです。

消費者金融は怖いイメージがあったのですが、ユニマットがしていてしかも女性専用だったので、思い切って電話してみたら意外と簡単に借りられました。

 

しかし、借金返済のために借金をするという悪循環だったため、なかなか返済しきることができず、ユニマットレディスがCFJという会社に変わって、数年後にやっと返済しきることができました。

 

■過払い請求でへそくりゲット

完済してから数年が経ちますが、私も結婚して子供が生まれてとかなり状況が変わりました。

まだ子どもは小さいのですが家計が厳しいため私もパートで働いていますが、パートで稼いだお金は生活費に消えていき、自分のためのお金はほとんどありませんでした。

 

「ブラウスの1枚くらい気軽に買えるくらいの、少しでも自由に使えるお金があったらな。」という気持ちから、CFJの過払い請求を弁護士に頼んでみました。

夫には以前にCFJに借金をしていたことは内緒だったので、過払い請求自体も内緒でしてもらいました。

 

CFJの過払い金の金額はさほど期待していなかったのですが、調査してもらったところ80万円もあると言われて思わず「本当ですか?!」と何度も弁護士に確認してしまいました(笑)。

過払い金が戻ってくると言われてもあまり実感がわかず、CFJから過払い金が戻ってくるまでは、わくわくそわそわといった日々を過ごしていました。

 

5か月ほどでCFJから過払い金が戻ってきて、過払い金が振り込まれた通帳を見てやっと実感がわいてきました。

使うのがもったいなくて、3年着たコートの代わりを新調した以外は、内緒のへそくりとして大事に貯金しています。