■年収が700万あるのに借金がなくならない?!

私は地方にある企業の部長なのですが、年収が700万円ほどあります。

東京ならば年収が700万円の人は割といるのかもしれませんが、私が住んでいる地方では飛びぬけて多い年収です。

勤めている会社が少し特殊な職種で、私はその技術分野の部長なので、会社の中でも高給をもらっています。

 

なので、周りからはうらやましがられはしますが、実際は借金まみれで毎月アップアップの状態でした。

若いころに遊びすぎて、CFJなどの消費者金融に借金をしたのですが、借金総額が500万円にもなってしまっていたため、初めの10年は返済しても返済しても借金が減っていませんでした。

 

今の部署に移ってからは給料もとんとん拍子に上がっていったので、返済も少しは出来るようになったのですが、その間に結婚をしたため独身時代の様に自由に使える金額が減ってしまいました。

そんな状況でいたので妻からも、「きちんとしていて、収入もしっかりしていると思ったから結婚したのに、騙された。」とため息交じりに言われることもしばしばでした。

 

■過払い請求で一気に楽になった

そんな時に、妻から勧められたのが過払い請求でした。

子どもも大きくなれば教育費などもかかってきますし、毎月の返済が減ればその分を貯金できるので、過払い金の多寡よりも借金の返済を目的に過払い請求しようという事になりました。

 

過払い請求をしてくれる弁護士を探したのですが、レイクやアコムといった大手だと引き受けてくれるのですが、同時にCFJもというと断られるところがほとんどでした。

そんな中、CFJも併せて過払い請求してくれる弁護士がみつかったので、過払い請求を依頼しました。

 

CFJをはじめとする4社から借り入れをしていたので、過払い請求の手続きが複雑になるのかと危惧していましたが、手続き自体は順調に進み、早い会社では3か月ほどで、一番遅かったCFJでも半年後には過払い請求が終わりました。

 

終わってみて驚いたのが、返金された過払い金の金額でした。

最高で500万円まで借りていたとはいえ、借金を返し終わっていないので返ってくる過払い金は100万もあればいいところだろうと思っていたのですが、800万円近い金額で思わず何度も聞き直してしまいました。

 

今では毎月の消費者金融への支払いがなくなったので余裕が出来ただけでなく、800万円もの過払い金があるため、妻とマイホームを買おうかという話も出ています。